土木技術で北海道の豊かな漁場づくりに貢献する

一般社団法人 北海道水産土木協会

TEL/011-222-0318
www.hfea.jp

  • home
  • 漁場の整備

漁場の整備CREATION OF FISHERIES

漁場の整備(北海道で使用されている人工魚礁・増殖礁)

会員は、このような魚礁・増殖礁を使って漁場の整備に取り組んでいます。
漁場の整備の方法については、各地区の協会会員または当協会にお問い合わせ下さい。

コンクリート製の魚礁

■3.0円筒型魚礁
共和コンクリート工業(株)が北海道の指導を受けて開発した魚礁。文字通り円筒型で、網掛かりが少なく、安定した流れを広範囲に作り出すとともに、面に囲まれた構造から、魚類の生息場所に適している。(重量10.83トン)

問合せ先:共和コンクリート工業(株)海洋水産部
札幌市北区北8条西3丁目(札幌エルプラザ)
TEL/011(736)0204

■FP3.00型魚礁
正立方体の形状で、内部の構造が複雑な流れを作り出す。その形状から、密着させて設置したり、複数個積み重ねるなど、自在な魚礁群を構築することが出来る。(重量11.69トン)同じ形状で1辺3.25mのものも道内で使用されている。(FP3.25型、重量13.03トン)

問合せ先:海洋土木(株)札幌支店
札幌市中央区北1条西7丁目(あおいビル)
TEL/011(271)8446

■ピラミッドP200A
コンクリート製では最大の魚礁。幾つかの部材に分けて製作し、ボルト締めして最終的な形にするため、いろいろな形状することが可能。回遊魚などを対象に大型の魚礁が必要な場合に向いている。(重量32.88トン)

問合せ先:広和(株)北海道出張所
札幌市西区平和3条7丁目5-20
TEL/011(666)4677

このページの先頭へ

鋼製の魚礁

鋼製の魚礁は、コンクリート製と比べ、型枠に縛られないため自在な形状に製作できることと同じ大きさなら軽量にすることできることから、近年、回遊魚を対象にした大形の魚礁に要望が高い。

問合せ先:(株)中山製鋼所エンジニアリング事業部海洋グループ
大阪市大正区船町1丁目1番66
TEL/06(6555)3108
問合せ先:神鋼建材工業(株)営業本部
尼崎市丸島町46番地
TEL/06(6418)4336

このページの先頭へ

タコ産卵礁

タコの産卵生態にあわせて、コンクリートブロックの中に素焼き土管を埋め込んだもの。
タコは土管の内部に卵塊を産み付け、ふ化するまで土管の中で卵を保護する。
この素焼き土管は、タコの産卵に適した特殊な大きさのもので、道内で製造(北海道農材工業(株)(札幌市、電話011-716-3291))されている。

問合せ先:共和コンクリート工業(株)海洋水産部
札幌市北区北8条西3丁目(札幌エルプラザ)
TEL/011(736)0204
問合せ先:海洋土木(株)札幌支店
札幌市中央区北1条西7丁目(あおいビル)
TEL/011(271)8446

このページの先頭へ

ヤリイカ産卵礁

岩礁の棚面に産卵するというヤリイカの生態にあわせ、産卵の場所をコンクリートブロックで造成しようとするもの。

問合せ先:共和コンクリート工業(株)海洋水産部
札幌市北区北8条西3丁目(札幌エルプラザ)
TEL/011(736)0204

このページの先頭へ

ハタハタ産卵藻場造成礁

魚類の産卵場となるホンダワラ類の藻場造成に適したコンクリートブロック。
棚面はホンダワラ類が定着しやすく、着生面積が大きいので効率的な藻場造成が出来る。

問合せ先:共和コンクリート工業(株)海洋水産部
札幌市北区北8条西3丁目(札幌エルプラザ)
TEL/011(736)0204

このページの先頭へ

囲い礁

自然石(大割石(300kg以上))の石材を、砂や小石など海藻が生えない海底に設置し、石材が動かないようにその周りをコンクリート製のブロックで囲った施設。海藻が繁茂することから、コンブ礁として設置されるほか、ウニやアワビの増殖施設として道内全域で広く設置されている。

このページの先頭へ

アサリ礁(サンドチューブ工法)

合成ゴム製のチューブの中に砂を詰め、そのチューブで区画した部分に砂を盛り上げてアサリの生息に適した砂場を設置するもの。近年、アサリの生息に適した砂場が失われることが多いため、こうして砂場を確保する工法が行われている。

このページの先頭へ

フノリ礁(リノフーレ礁)

フノリは、干潮時に海面から干出する平板な地形でなければ生育しない海藻である。このため、ごく限られた場所でしか生産されなかったが、今までフノリが生育しなかった平磯地帯に、生育に適した高さのあるブロック(リノフーレ礁)を設置して大規模なフノリ漁場を開発した。このブロックはビオユニット(石炭灰を利用したもので海藻に適している)で製作され、安定的な着生・生育が可能となったほか、天然漁場では屈んで収穫するため腰に負担が大きかったが、この礁では立ったまま収穫できることから、労働軽減にもつながっている。

問合せ先:モバール工業会
札幌市北区新川1条5丁目1-8(株)アストジャパン内
TEL/011(768)3780

このページの先頭へ

一般社団法人
北海道水産土木協会

〒060-0004 北海道札幌市中央区北4条西7丁目1-5 NCO札幌ホワイトビル9F TEL:011-222-0318 FAX:011-222-0320